Loading...

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに達成したい国際目標です。

17のゴール設定と169のターゲットで構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

アイコンの説明①~⑥

アイコンの説明⑦~⑫

アイコンの説明⑬~⑰

わたしたち人類は現在、貧困、紛争、気候変動、感染症…これまでになかったような数多くの課題に直面しており、今のままでは、人類が安定してこの世界で暮らし続けることができなくなる心配が出てきました。このような危機感から、世界中のさまざまな立場の人々が話し合い、課題を整理し、解決方法を考え、2030年までに達成すべき具体的な目標を立てました。

SDGsは世界中の人たちが取り組むべき、ユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

日本では、各企業がSDGsの具体的な行動のあり方を工夫するとともに自主的に実践できるよう、日本経済団体連合会が2017年に企業行動憲章を改定し、経済成長と社会的課題解決の両立を目指しはじめました。そして、現在では、各業界団体、大企業だけでなく、中小企業にいたるまで、SDGsへの理解と取り組みを進めており、もはや、ビジネスの世界ではSDGsは”共通言語”になりつつあると言えるでしょう。

世界とSDGsの動き

昨今では、企業だけでなく、個人でも、環境課題や社会課題への意識は高まりつつあります。また、子供たちも学校教育の中でSDGsを学びはじめています。こうしたことから、今後、環境課題や社会課題に配慮していない企業は、消費者にネガティブに映ることが予想され、利益を生み出すことが難しくなることも考えられるでしょう。

企業や団体が積極的にSDGsに取組むメリットはとても大きいと言えます。