Loading...

11/4付タウンニュースに掲載していただきました

サイトの始動に伴い、イベントの内容と同時に、地域紙であるタウンニュースさまに取り上げていただきました。

相模原市に配布される中央区・南区・緑区の産駒それぞれで掲載いただいております。

ありがとうございます。

 

下記、記事の内容です。

 

さがみはら中央区版 掲載号:2021年11月4日号

民間発、SDGsを促進ウェブサイト、交流事業で

SDGsコネクトさがみはらのロゴマーク

SDGsコネクトさがみはらのロゴマーク

 SDGsの普及啓発を図る市民団体「さがまちSDGsファウンデーション」と「さがみはらソーシャルデザイン研究所」は10月25日、市内でSDGsに取り組む企業や団体の活動の発信などを目的としたプラットフォーム「SDGsコネクトさがみはら」を共同で立ち上げた。

「相模原×SDGs×地域企業」をテーマに、市民活動と経済の両面から情報の交換と連携の推進を促すことで、企業の社会的価値向上、市民へのSDGsの周知、地域の活性化を図る。

具体的には、市内でSDGsに取り組む企業や団体をウェブサイトで紹介する。併せて、企業・団体・市民間の情報交換と発信を目的とした交流事業を実施。加えて今後は、メディアを活用した広報宣伝や、市内のSDGs事例の取材調査などを通じた市民へ向けたキャンペーンも展開していく考えだ。

講演会と交流会

この事業の始動を記念して11月13日(土)、「SDGsコネクトミーティング”SX DEPOT〜変わる、サステナブル〜”」と題し、第2回「ジャパンSDGsアワード」内閣総理大臣賞を受賞した日本フードエコロジーセンター(田名塩田)の高橋巧一代表を招いて、基調講演と交流会を開催する。会場は相模原市立環境情報センター(富士見)。同時に、Zoomによるオンライン配信も実施する。午後2時(開場1時30分)から4時30分まで。参加無料。SDGsに関心のある人なら誰でも参加できる。

講演会と交流会は、会場参加・Zoomのいずれも申し込みが必要。会場参加は申し込み先着20人。申し込み方法は、「SDGsコネクトさがみはら」(https://sagamihara-sdgs.com/)のウェブサイト内にある専用フォームへアクセスを。オンライン(YouTube、およびZoom)による講演会のみの聴講も可能。その場合、URLは後日、同サイト内で発表される。問い合わせは事業担当の志村さん【電話】090・9149・7108。